記事詳細

視聴率“爆死”の紅白、敗因は演歌? ウラでテレ東「年忘れ」が8.4%大健闘、ジャニー喜多川社長も危惧

 今年9月で引退する安室奈美恵(40)や桑田佳祐(61)の特別枠での出場が直前になって決まり、盛り上がり必至と言われていた昨年大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」。

 「演出やコント、総合司会の内村光良さんの安定ぶりも好評で、高視聴率が期待されていましたが、残念ながら40%にも届かず、2部制になった89年以降のワースト3を記録してしまいました」(テレビ局員)

 敗因は、演歌が減ったことではないかと言われている。

 「実際、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長も、年配者が楽しめたのかどうか危惧するコメントを出しましたし、『紅白』2部の裏番組をチェックすると、1時間しかかぶってはいませんが、テレビ東京の『年忘れにっぽんの歌』が8.4%と大健闘しているのです(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。『年忘れ』は氷川きよしさんや石川さゆりさんの他、『紅白』に選出されなかった八代亜紀さんや小林幸子さん、美川憲一さんや大月みやこさんらが出演。目新しさはありませんが、誰もが口ずさめるような昔のヒット曲をじっくりと聴かせる番組でした」(前出・テレビ局員)

 まだまだ先の話だが、今年の「紅白」は演歌勢の大量復活となったりして。

(zakzak編集部)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース