記事詳細

稲垣、草なぎ、香取の新年「27分間の生放送」は面白かった (2/3ページ)

 続けて行われたのが、お正月定番の「書き初め」

 2018年の抱負をそれぞれが記した。

 まず、書き終えた草なぎ剛の半紙には「旨味」の2文字。「新しい地図を描きつつ、新しい味を表現していきたい」と語る。

 「字が汚くて申し訳ないんだけど……」と前置きしつつ、稲垣吾郎が書いたのは「出会い」。

 「全ては出会いから始まるじゃないですか!」と力を込めた。

 そして香取慎吾は「笑」の一文字。

 「今年は笑えて笑顔になれた!来年はさらに笑顔になりたい!」と宣言。

 新しい地図以降、見るからに元気になった香取慎吾だから響くメッセージ。ラッパーがよく使う「言葉の重み」を感じた。

 そして、みんな大好き森くんが登場したのが「電話初め」。

 「3人でじゃんけんして、勝った人が電話かけようよ!」と香取慎吾の提案から始まった一幕。

 じゃんけんぽん!

 稲垣吾郎 チョキ

 草なぎ剛 チョキ

 香取慎吾 グー

 一人勝ちした香取慎吾は「森くんにかけようよ、けどオレ森くんの番号知らないんだよなぁ」とポツリ。「僕、知ってるよ」と稲垣吾郎が助け舟。当初のじゃんけん企画は何処へやら、森且行に電話をかける流れに。

 森且行が電話口に出ると、草なぎが「僕たちと会ったあと成績いいよね、森くん!」とはしゃいだ。

 電話番号を知りたがっている香取慎吾は、稲垣吾郎のiPhoneに表示される森且行の電話番号を見て「8が多いな」とぼやく。

 森且行は「8着ばっかなんだよ(笑)」と『72時間ホンネテレビ』で3人が観戦した際、8着だったことを受けてのナイスな応答。

 芸能界から離れ20年以上、そんな森が見せる対応力の高さよ。元SMAPは伊達じゃない。

 「今年はもっと交流深めてもいいんじゃないの」と草なぎに対し「楽しいこといっぱいして盛り上げようよ」と森且行。

 「番号覚えたよ」と香取慎吾がつぶやき、「電話初め」は終わった。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース