記事詳細

稲垣、草なぎ、香取の新年「27分間の生放送」は面白かった (1/3ページ)

 ジャニーズファンの年越しといえば、カウコンこと『ジャニーズカウントダウンライブ』と言われているが、このイベント開始当初のコンセプトが若手中心だったこともあり、SMAPファンは他の年越しイベントへの出演情報を探すか、カウコンに個々のメンバーがゲスト出演する様子を楽しむだけだった。だが、2017から2018年の年越しは違った。SMAP元メンバーでジャニーズ事務所を退所した稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人と、現在はオートレーサーの元メンバー、森且行も電話で登場した楽しい新年あけましての生番組がAbemaTVで放送されたのだ。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、同番組を見ながら新年を迎えてみた。

* * *

 2017年11月2日から5日までの72時間、AbemaTVで生放送された『稲垣・草なぎ・香取3人でインターネットはじめます72時間ホンネテレビ』は大きな話題を呼んだ。

 そんな、AbemaTVと新しい地図のコラボレーションがナント! 2018年元旦に復活。

 1月1日の午前0時45分~午前1時12分、AbemaSPECIALチャンネルで『27Hunホンノちょっとテレビ』が生放送された。

 27分間という限られた時間内で、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が「〇〇始め」に挑戦。3人は出演者兼カメラマン、自撮り棒につけられた1台のカメラからの生放送である。

 派手さが全くない質素な画面は、まるでホームビデオ。しかし、演出がないゆえに覗く3人の素顔が良かった。

 右下にある「27:00」のカウンターが減るなか、まず挑戦したのは「SNS初め」

 インターネット上に自らの顔写真をアップする3人、一昔前では想像もできないシーンだ。

 長年縛られた末に、自由を勝ち取った3人の笑顔。「眼福」と頷いたファンも多いだろう。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース