記事詳細

最高だった!平成のNHK大河ドラマランキング 3位真田丸 (1/2ページ)

 毎回注目されているNHK大河ドラマ。先日『おんな城主 直虎』が最終回を迎え、SNSでは「涙が止まらなかった」「1年間ありがとう」と称賛する声が集まりました。2018年1月からは西郷隆盛の生涯を描く『西郷どん(せごどん)』が放送予定。西郷隆盛を演じるのは鈴木亮平。その他、瑛太、黒木華、桜庭ななみといったキャストが発表され、早くも期待の声が大きいです。

 では、平成の大河ドラマの中で多くの人の心に残っているのはどの作品なのでしょうか。そこで今回は、最高だった大河ドラマについて探ってみました。

 1位 義経(2005年)
 2位 軍師官兵衛(2014年)
 3位 真田丸(2016年)
 ⇒4位以降のランキング結果はこちら!

 1位は『義経』!

 平安末期の乱世を生きぬいた源義経の生涯を描いたこの作品。2005年に放送されました。美しいルックスを持つ悲劇の英雄・義経を演じたのは滝沢秀明。そして彼を支える家来・武蔵坊弁慶を演じたのは松平健。

 平清盛を慕いながらも父の敵であると知り苦悩する姿、そして実兄である源頼朝からは冷たくされて胸を痛める姿…そんな傷つきながらも戦い続ける義経を「応援したくなった」という人が多数。

 また、この作品は幻想的な映像の演出が多数使われており、桜吹雪の中で義経と弁慶がはじめて出会う橋のシーンは印象的で「今でも覚えているほど美しかった」という人も。滝沢秀明がさわやかに演じた義経が1位となりました。

gooランキング
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース