記事詳細

【ぴいぷる】中川翔子「もっと経験値獲得したい」 三十路越えて新境地開拓へ いい感じに力の抜けた大人に (1/3ページ)

 縦横無尽に活躍し続ける女性マルチタレントの代表格。レギュラーのバラエティー番組はもとよりドラマ、コンサート、アニメの吹き替えと大忙しだ。

 「去年から『想像もしていなかったけど、やってみたらものすごく楽しかった』体験が続いているんです。今年はコンサートと舞台とドラマが重なっている時期もあってビックリしました」

 アニメやゲーム、漫画といったサブカルチャー好きのイメージが強いが、最近は新境地開拓に意欲をみせている。今年4月期放送のTBS系ドラマ『あなたのことはそれほど』では初の人妻役に挑戦。明るい笑顔を見せつつも心に闇を抱える女性を演じ、その迫真の演技がインターネット上で話題になった。

 「夫がモラハラする人だったので、『お前、ふざけんなよ』という思いはありましたけどね。長ぜりふで思いっきり嫉妬と興奮とが入り乱れた感情を吐き出すシーンがあって、すごい快感でした。リアルタイムでの反響もものすごくて、この仕事ならではの面白さでしたね」

 新しい扉を開くことで、それまで思い込んでいたものが、いい意味で崩れたという。

 「一番変わったのは、『私のことを分かってくれる人がこんなにもいるんだ』と実感できたことです。三十路でやっと『人と話すことをきちんとやらなきゃ』という意識が芽生えました。友達と遊びに出かけたり、家に招くことも増えましたね。いい感じに力の抜けた大人になってきています」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース