記事詳細

【トレンドウオッチャー木村和久の世間亭事情】紅白視聴率のカギ握る男は竹原ピストル?! 松本人志が応援にかけつける可能性も (1/2ページ)

 紅白歌合戦に、安室ちゃんは出るかな~。そんな心配をしている諸兄、今年の紅白の、イチ推しは「竹原ピストル」で決まりです。そう書くと、誰それ? となるのですが、すでに竹原ピストルは有名人です。CMはサントリーの缶コーヒーのボスで、ただの建築現場の人にしか見えないキャラで、登場しています。ほか、住友生命「1UP」の上田一登場のCM曲「よー、そこの若いの」も歌っています。

 ギター1本で勝負する圧倒的歌唱力で、弱い者、挫折しそうなやつ、全然ダメなやつへ、心温まるメッセージを送っています。「LIVE IN 和歌山」という歌では、薬漬けでも「生きろ」と、精神疾患の方にもエールを送っている姿が感動的です。

 紅白歌合戦では、GパンにTシャツ姿で、頭にタオルを被った姿で、ギターを抱えて歌い、バックはAKBグループが100人ぐらいで踊りまくる(想像)。いやあ、浮きまくって最高ですね~。

 見たら忘れない存在感です。ゆえに役者もこなし、松本人志監督の映画「さや侍」では、ラスト近くに托鉢僧の役で登場し、素晴らしい歌声を披露しています。一方、本木雅弘主演の映画「永い言い訳」では、準主役で出ていましたが、完全に本木を食っていました。トラック運転手役だけど、演技感がなく、どうみても、本職の運転手さんにしか見えないのです。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース