記事詳細

目玉不足のNHK紅白 安室、桑田より「仕掛け」必要との指摘 (1/2ページ)

 今年の出場歌手が発表された『第68回NHK紅白歌合戦』。10組の歌手が初出場するが、「目玉不足」と指摘されるほど話題性に乏しい。識者は今年の出場歌手をどう見るのか。コラムニストのペリー荻野さんが指摘する。

* * *

 そんなわけで発表された「紅白歌合戦」の出場者。例によって、「安室奈美恵は出るのか」「朝ドラ『ひよっこ』の主題歌を歌った桑田佳祐は」と誰が出るかよりも、出るか出ないかわからないアーティストのことが話題になるという展開で、昨年のSMAPに続き、ギリギリまで引っ張られることになっている。

 私はこの夏、このコラムで出場予想を勝手にして、元ヒーロー俳優を中心した『スーパー銭湯のアイドル』の歌謡グループ「純烈」と丘みどりが有力ではと書いた。丘みどりは、予想通り今年見事に初出場が実現。『ミヤネ屋』などでは、丘のことは「元アイドルという異色の経歴」という程度の紹介だったが、実際は、芸能界に憧れた母の期待を背負い、ミニスカブーツで演歌を歌ったり、下積みをしてきた苦労人である。

 「紅白」には、初出場のステージで感極まって涙じんわりの「苦労人枠」は必須。三山ひろし、市川由紀乃と続いたこの枠は確実に弾き継がれることとなった。初出場組の会見映像を観ていたら、結成30周年のエレファントカシマシ宮本浩次も目を細めて「どうすればいいんでしょうかね」「全力であの…」と言葉がなかなかまとまらないほどの興奮ぶり。丘みどりに対抗する白組の「苦労人枠」は、竹原ピストルでも三浦大知でもなく、エレカシではないかという気がしてきた。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース