記事詳細

来秋の朝ドラは即席麺の安藤夫妻がモデル 脚本は大河「龍馬伝」手がけた福田靖さん

 NHK大阪放送局は14日、来年10月1日から放送する連続テレビ小説が、インスタントラーメンの生みの親として知られる日清食品創業者の故安藤百福さんと、妻の故仁子さんをモデルにした「まんぷく」に決まったと発表した。

 脚本は、NHK大河ドラマ「龍馬伝」やドラマ「HERO」などを手掛けた福田靖さん(55)が担当する。失敗を繰り返しながらも、即席麺などの発明で成功を果たす実業家の夫を支えた妻がヒロインの物語になるという。

 仁子さんについては資料がほとんどなく、福田さんが安藤夫妻の親族らに取材を続けている。福田さんは14日、大阪市中央区の同局で記者会見し「朝ドラなので、企業の物語ではなくあくまでホームドラマを描く。支えがあってこそ頑張ることができる、敗者復活の物語です」と話した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう