記事詳細

水卜麻美アナ 私生活の将来は考えない、仕事は一生続けたい

 オリコンの“好きな女性アナウンサーランキング”で、2013年から4年連続で1位を獲得。“ミトちゃん”の愛称で親しまれる日本テレビの水卜麻美アナウンサー(30才)が、約6年半にわたって担当してきた『ヒルナンデス!』を卒業した。10月からの新天地は本人も「予想していなかった」という、朝の情報番組『スッキリ』。“昼の顔”から“朝の顔”へ--。 新たな場所で奮闘する彼女の今に迫った。

 今年30才となった水卜アナ。まだ感覚的には26才くらいのつもりで、30才になった実感がないそうだが、最近、後輩から“三十路いじり”をされると笑う。

 「学生時代から仲がいい友人は、結婚して子供がいる人も多いんです。10代の頃、道端でいっしょに恋バナをしていた友人たちの保育園問題など、子育ての悩みを聞くと、時の流れを実感します。プライベートな将来のことは、まだまったく考えていないです。ただ、アナウンサーの仕事は一生、続けていきたいですね」(水卜アナ、以下同)

 息抜きの方法を尋ねると、意外な答えが返ってきた。

 「恥ずかしいんですけど、無趣味・無特技なんです。家でもボーッとテレビを見たり、休日はひたすら寝ていたり(笑い)。そうそう、アナウンス部は、すごく仲がよくて、昨日もその場にいた人に声をかけて、5人ほどでランチに行きました。そこでくだらない話をして大笑いすることが、いちばんの息抜きかも。

 そういえば、“アナウンス部に派閥がある”とか言われるんですけど、本当にみんな仲がいいんです。(雑誌に載った)派閥相関図とか、みんなで“おもしろいね”と笑いながら見ています」

 今や日本一の売れっ子といわれながら、この飾らなさ。その魅力は今回の取材でも充分に伝わった。

 撮影/江藤はんな(SHERPA)

 ※女性セブン2017年11月16日号

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース