記事詳細

櫻井翔、人生の転機は中学時代 入学して2週間で絶望した

 嵐の櫻井翔(35才)が私立高校の校長を演じているのが、ドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系、毎週土曜22時)だ。

 商社から出向して、高校の校長に就任した鳴海涼介(櫻井)。1話のラストでは、自身の体験をもとに生徒に語りかけて感動的な展開に…と思いきや、現実的な鳴海の話に生徒から「そんな話は聞きたくなかった」と泣き出されてしまう。

 「1話の最後のシーンは、裏切られるような展開ですよね。ぼくも最初に家で台本を読んでいた時に、リアルに噴きだしました(笑い)。1話の時点では、鳴海は敵ばかりなので大変だけど、副校長の柏木さん(風間杜夫)とは意気投合していくので、掛け合いを楽しみにしてもらいたいです」(櫻井、以下同)

 鳴海は出向が人生の転機になるが、自身の転機といえば?

 「中学生かな。サッカー部で先輩との上下関係を叩き込まれたから。男子校だったから360度男しかいなくて、入学して2週間はなんていうところに来てしまったんだろう…と絶望しました(笑い)」

 心に残る先生との出会いも中学校の時だったという。

 「入学式で色つき眼鏡にカラーシャツと、とにかく見た目が怖い先生がいたんです。サッカー部に入ったら顧問で! 終わったな…と思ったんですけど、実はめちゃくちゃいい先生で今でも感謝しています」

 そして、ドラマの主題歌は嵐の『Doors ~勇気の軌跡~』だ。

 「撮影中に『主題歌はこの曲になりました』と、仮音源をスタッフが持ってきてくれたんです。まだ嵐の声が入る前の音源だったんですけど、せっかくなので“先生がた”といっしょに聴いたんです。聴き終わった瞬間に、拍手が起きましたね! 歌詞の主人公が成長したり、人にエールを送ったりするところが、ドラマのストーリーや鳴海に通じる部分があるかなと思います」

 ※女性セブン2017年11月2日号

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース