記事詳細

松本人志が問題提議「道歩いてて、急に後ろからケツ蹴られたらどうする?」

 8日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)で松本人志(54)が、福岡市内の私立高校で起きた男子生徒による教師への暴力事件についてコメントした。

 16歳の生徒(当時)が20代の男性教師の背中を蹴るなどした動画がSNSで拡散。その後、生徒は逮捕、自主退学したというニュース。過激な暴行だっただけに逮捕は当たり前という声が多いが、なかには、まだ16歳ということもあり逮捕はやり過ぎだという意見も上がっている。松本は「ここまできたら(逮捕は)しょうがない。ここにくる前までに何とかやりようはなかったのか。もうちょっと緊張感を持たすことができへんかったんかなぁ」とコメント。もう少し早い段階での対応を求めた。

 続けて「教育の専門家の人、いろいろ言いますけど、確かにあの人たちの言うことはたいてい当たってるとは思うんですけど、ただちょっとこういうヤンチャな子たちがいるような学校に関しては、正直俺のほうが専門家やと思うよ。もっと荒れてたもん」とも。自身の学生時代に触れ、「こんなん普通やったから。あんなん軽くケツ蹴ってるぐらい。もっとマジでド突かれてたりとか、ド突いてたりしてたからね」と当時を振り返った。

 「われわれが道歩いてて、急に後ろからケツ蹴られたらどうする?」と松本が問うと、ウエンツ瑛士(31)らスタジオメンバーは手を出すことなく苦笑いでその場を立ち去ると回答したが、松本は「俺、やっぱやっちゃうかなぁ」と反撃を示唆。MCの東野幸治(50)に「仮にこれで当分仕事できへんってなったとしても?」と問われるも、「う~ん」と迷いつつ、抑えきれない気持ちをにじませうなづいた。(zakzak編集部)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース