記事詳細

SKEが9周年!“大人”珠理奈がミッドナイト公演初参戦!セクシーな衣装で「優しくしてね」 (1/4ページ)

 SKE48が5、名古屋市のSKE48劇場で「劇場デビュー9周年特別公演」を行った。4日から「前夜祭」が行われたほか、大人メンバーによる恒例の「ミッドナイト公演」には20歳になった松井珠理奈が初参加。昇格メンバーも発表されるなど、盛りだくさんの内容となった。

■65人が参加

 SKE48のデビュー記念日にあたる5日、65人のメンバーが参加するなかで9周年特別公演が開催された。

 幕が開くと、1期生の大矢真那(26)と珠理奈、2期生の内山命(21)、高柳明音(25)、斉藤真紀子(23)、そして2006年にAKB48に加入し、14年SEK48へ移籍してきた佐藤すみれ(23)の7人がステージに登場。このメンバーによる「強き者よ」で特別公演がスタートした。

 「美しい稲妻」「ごめんね、SUMMER」「パレオはエメラルド」「チョコの奴隷」「オキドキ」から最新シングル「意外にマンゴー」まで、9年間で発売されたSKE48のシングル全21曲を期ごと、チームごと、ランダムメンバーで連続披露。SKE48らしい迫力満点の1時間ノンストップパフォーマンスでファンを魅了した。

 キャプテンの斉藤が「みなさまのおかげで本日SKE48は劇場デビュー9周年を迎えることができました。全国のSKE48ファミリーのみなさまに、私たちからお礼をさせてください。ありがとうございます」とあいさつ。研究生が全力で「SKE48」をパフォーマンスすると、各チームも後輩に負けじと力強いパフォーマンスを披露した。

 須田亜香里(25)も「SKE48を好きでいるということに、タイミングとか関係なくて、自分が出会ったタイミングだからこそ見ることができたSKE48がいると思います。メンバーとファンの皆様との絆がいつも輝いているSKE48でいられたらいいなと思います」とコメント。ラストは「今日までのこと、これからのこと」を全員で歌唱。曲間では松本慈子(17)が「私たちの気持ちは変わらずひとつです。これからも私たちがSKE48を引っ張っていきます!これからもSKE48の応援よろしくお願いします」と、次世代メンバーを代表してあいさつを述べた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース