記事詳細

【壇蜜のもっとハァハァしてる?】欲望引き出す癒やしの香り 自分自身にあきれた (1/2ページ)

★其ノ弐百拾参

 最近、「いやし」について考えます。「卑し」ではなく、「癒やし」のほうです。「癒やされたい」と言う方も多く、癒やされるモノや場所も人それぞれ。自分にとっての癒やしが、他者にはそうではない時もあったりして…。「いやし、って何だろう」と疑問になったのです。

 癒やし。意味は「苦しみや悲しみ、疲れなどを和らげるもの」「感情を穏やかにして、和ませるもの」「安心感を与えるモノや行為」など。

 いろいろな解釈がありますが、今までの状態よりも落ち着くための存在であることは共通しているように思います。モノや行為ですから、かわいい小動物の動画(モノ)を見ることも、足裏マッサージを受ける(行為)ことも個人差はあれど癒やしに繋がるようです。

 ただ、動物が苦手な方もいらっしゃるでしょうし、マッサージがくすぐったくてちょっと、という方も一定数いらっしゃいます。

 実は「癒やし」を共有するのは難しいのかなとも思います。私も以前ハツカネズミの大群の動画を見たときは、ややゾワッとしてしまいました。数匹ならかわいいのですが…。

 以前、「これ、私、好きなんですよ。いい匂いで気持ちがちょっと癒やされますよ」とアロマキャンドルをプレゼントしてもらったことがあります。火がついていない時は、バニラとお花のような甘い香りがしてましたから、これはホッとするかもと期待しておりました。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう