記事詳細

【泉谷しげるの毒舌コラム オレに言わせろ!】「解散総選挙」若いもんは将来を考え投票に行け! 有利な「法案」創るためにもな (1/2ページ)

 北朝鮮のミサイルの連続抜き射ち発射や水爆実験が狼煙(のろし)となって、自民党の人気回復になるかも…と以前に書いたが、総理はスッカリその気になって、ここぞとばかりに解散・選挙モードに入ったワケだ!

 いきなり選挙というわけだから、各党とも、かなりキツイ戦いになるのは必至。

 調子にノリ始めた自民党だが果たして思惑どおり風が吹くかどうか。自民党もまた、流出を止められないし、マスコミもネチネチと「もりかけ問題」などを逆なでしてくるだろうし、決してたやすくないハズ。

 今や流出議員の受け皿にもなっている小池新党「希望の党」がスタートした! イチバン勢いがある新党だが、小池百合子氏以外の強力な議員を輩出できるほどの時間を得てないし、北のミサイル問題での防衛意識がどこにあるのかワカらんのが気になるところ。

 議員の流出が止まらず、選挙で勝てる見込みナシの民進党に至ってはついに「希望の党」と合流することになった。

 とにかく自民党が勢いを回復するということは、自衛して事を構えることを覚悟しなきゃならんということ。おそらく潜在的にアメリカの顔色をうかがってる屈辱的感情があるから、どうしても「自主憲法」を制定して自主防衛したいのさ。若いもんよ、ドーする?

 政府は老人大国の社会保障費捻出のために借金をし続けてるワケ。しかし、その大借金は若いもんに押し付けられるからね。イチバン人数が多い団塊の世代の老後を、少子化が止まらない若いもんが負担するとなりゃ、ドンだけの額になるのか。考えるだけで恐ろしいワイ…。世代戦争が起きるなコリャ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう