記事詳細

【テリー伊藤 狸の皮算用】父・三平さんの血を強く継承している泰葉 会見後、記者に土産…これではカネ消えるばかり (2/2ページ)

 「いま音楽を勉強しているんです」と言っていたころに、自身が作曲した『水色のワンピース』という歌を聴かせてもらったことがある。高校生のころに経験した失恋を題材にした曲だった。

 いかにもお嬢様として育てられた女の子らしい素直なメロディーで、「いい曲ができたよね」って言ったら、うれしそうな顔をしていたのが印象的だった。

 この曲は、ヒットした『フライディ・チャイナタウン』に続いてリリースされた。

 そんなことが私の記憶の中にいつまでもある。だから、泰葉のことはいまも気になってしまう。

 ただ、「最近、どう?」なんて連絡をしても、私には絶対に弱音は吐かないだろう。そういう女の子なんです。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう