記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】山尾氏と豊田氏、渦中のママ議員は似た者同士 キャリアウーマンの一方で「良き母親」ウリに (1/2ページ)

 山尾志桜里氏(43)と豊田真由子氏(42)、2人は今、“渦中のオンナ”である。ともにテレビのワイドショーをにぎわしている。

 山尾氏は9歳年下のイケメン弁護士と「お泊まり禁断愛」が「週刊文春」に報じられ、「このハゲーッ!」と秘書への暴言スキャンダルで雲隠れしていた豊田氏は月刊の「文藝春秋」で独占告白。報道後初めて口を開いた。

 政治部記者の解説。

 「不倫疑惑を受けて山尾氏は7日夜に釈明会見を開き、『男女の関係はない』と否定したものの、報道陣からの質疑応答を避け足早に国会を後にした。日頃の舌鋒鋭い彼女らしからぬ態度に批判が高まっていますし、『一線を越えているんだろう』といぶかしむ声も多い」

 一方の豊田氏に関しては「不安定な精神状態で入院を続けていたということですが、それを理由に自分の口で説明することを避けてきた。本人は文藝春秋のインタビューで『国会議員は辞めない』と話しており、臨時国会が始まるであろう9月25日までに会見を開くなど何らかの形で表に出てくるのではないか」。

 奇しくも今回、週刊文春と文藝春秋、同じ出版社の二大看板雑誌にフォーカスされた2人には意外なほど共通点が多い。

 民進党を離党した山尾氏は愛知7区選出の衆議院議員2期目で、自民党公認で出馬した豊田氏も埼玉4区選出の同じく2期目。1974年生まれの“同級生”でもある。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう