記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】難しい“暴走少年”への指導、日野皓正の往復ビンタに批判殺到 少年は感謝「愛があった」 (1/2ページ)

 Whiplash、鞭で打つこと。大ヒット映画「ラ・ラ・ランド」のデミアン・チャゼル監督の出世作「セッション」の原題だ。

 物語は、才能あふれる19歳のジャズドラマーが名門音楽大学に進学し、そこで出会った鬼教官に猛烈にしごかれ成長するというもの。屈辱的な言葉が飛び、テンポがずれると頬を殴られる、理不尽な暴力を受けながら特訓を続けるシーンはこの映画の肝といっていい。

 “世界のヒノテル”、ジャズトランペット奏者の日野皓正(74)が、ジャズコンサート中にドラムを演奏した男子中学生に往復ビンタした事件を見て、この映画の場面が思い浮かんだ。

 コンサートは東京都世田谷区教育委員会主催の体験学習で8月20日に行われた。区内の中学生が4カ月間、ジャズを練習し、その発表である晴れの舞台だ。公開された動画を見ると、件の少年はソロパートで激しいドラミングを続け、指揮を取っていた日野が彼のところまで歩み寄り、スティックを奪い取ると「バカヤロー!」と一喝。日野はその場を立ち去ろうとするが、少年は指導を無視して、素手でドラムを乱打。踵(きびす)を返した日野は彼の髪をつかんで前後に揺らし、反抗的な彼に「なんだ、その顔は!」と往復ビンタしたのである。

 この騒動を受けて、教育者をはじめ多くの識者から「いかなる場合も暴力は絶対にだめ」という批判が相次いだ。しかも観客の前だから言語道断だという。この騒動に乗じて、教育委員会や世田谷区政を問題視する動きもある。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう