記事詳細

福岡のボランティア先には“追っ手”は来ず!? 少々テンション下がり気味の“松居劇場”

 福岡でボランティア活動をしていた女優、松居一代(60)が47日ぶりに東京都内の自宅に戻った。

 「松居さんは少々疲れた様子でしたが、報道陣には上機嫌で対応していました。『ボランティアを通して心が楽になった』と話していましたね。また、『船越(英一郎)との離婚調停の前にもやらないといけないことがたくさんある』などとも話していましたが、“松居劇場”をはじめたころよりは少々テンションは下がっているようでした。

 船越の事務所が松居さんの一連の発言の差し止めを求める仮処分申し立てが受理されたようですが、そのことが利いているようですね。まだまだすんなり離婚とはならないでしょうが…」(ワイドショー関係者)

 ずっと尾行されているといっていた松居だが、福岡のボランティア先には“追っ手”は来なかったようだ。結局、彼女は何に追われ何から逃げていたのか?

(zakzak編集部)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース