記事詳細

三浦海岸にこだま♪ 13年目の「音霊」がアツイ!クレイ勇輝「文化にしていきたい」

 元キマグレンのボーカル、クレイ勇輝(37)の歌声が、若者でにぎわう神奈川・三浦海岸にこだましている。プロデュースを手がけた夏季限定音楽イベント「音霊OTODAMA SEA STUDIO 2017」が連日大盛況だ。

 プロボクサーとしては、7月11日に東京・後楽園ホールで引退試合を行ったクレイだが、「ボコボコにされた顔のままライブに出ましたよ」と歌手としてはバリバリの現役だ。

 音霊は、クレイがキマグレン結成と同時期に逗子海岸でスタートさせたイベント。13年目となる今回は6月30日から9月10日までの期間、小池徹平(31)やmiwa(27)ら豪華アーティストを招聘(しょうへい)し、自身もステージで熱唱している。

 長期イベントに「まるでマラソンみたい」と苦笑いしつつ、「これがないと夏がきた感じがしないんです」と意気込む。

 今年はパチンコ・パチスロメーカー、サミーの本格バックアップのもと、オールスタンディングで1000人収容の屋根付きライブハウスを三浦海岸に設置。由比ガ浜海岸にはレストランが展開されている。

 「1回だけやるのは簡単。大切なのは、大変だけど続けていって文化にしていくこと。これからも地元との方々と、足並みをそろえてやっていきたい」

 期間中の出演者情報など、詳細は公式ホームページ(www.otodama-beach.com/)。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース