記事詳細

【泉谷しげるの毒舌コラム オレに言わせろ!】あざ笑う北ミサイルはさらなる高み目指す? “ある国”が製作費工面してるとしか思えん (1/2ページ)

 まさか、夜中に北朝鮮からミサイルが飛んでくるとは思ってないから、パニくった人もいただろう。それも、オイラも行ったことがある北海道・奥尻島の目の前に落ちるとは!

 アメリカの大統領は一応、ツイッターで北朝鮮に対して、何もしない中国を強く非難している。

 それでも、国の経済事情を無視して月に何回もミサイルの打ち上げが出来る北朝鮮。ICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験も行ったのだから、こりゃもう絶対に“ある国”が秘密裏にロケットの製作費を工面してるとしか思えんな。

 しかし、この夜中の北のミサイル騒ぎ。これって、もしかして自民党復活への狼煙(のろし)になるかも?!

 北朝鮮への危機感が高まれば、憲法改正して、自衛隊を国防軍にして防衛最前線に出るチャンスが再び到来かと推測してしまうンだな。

 アメリカは日本が強くなることをけっして望まないが、このまま中国がナニもする気がないなら、各国と組んで強力な連合軍をつくる気だろうし、そうなると、いよいよ核戦争の覚悟をするということなのだ!

 その覚悟が、他の政党に無い以上、やはり自民党に頼るしかないかという気分が国民の中によみがえったらシメたもので、彼らは見事に返り咲くだろうな。

 そして、かつての戦争を知る夏が、またやってきた。オイラは戦後生まれなクセして、先の戦争のドキュメンタリー映像を、毎年必ず見てしまうのだよ。

 なぜ見てしまうかというと、「恐ろしさ」の擬似体験ができるからだ。そして、次は間違いなく「核戦争」となり、世界は終わると思えるからだが、まさかこんなに身近になるとは!

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう