記事詳細

【玉袋筋太郎 玉ちゃんの酔滸伝】木更津で美しい女性と出会える“夜の潮干狩り”を楽しむ (1/2ページ)

 先日、「玉袋筋太郎のナイトスナッカーズ・リターンズ」(JCOMテレビ)のロケで千葉・木更津にお邪魔しました。

 東京生まれの私にとって木更津の記憶は、ガキの頃に家族で行った潮干狩りの楽しい思い出です。炎天下にはしゃぎまくりで潮干狩りをし、帰りの電車でグッスリ寝込んでしまった幼少の私。早朝から電車に乗って私を引っ張っていってくれた両親の方がよほどグッタリだったことは想像に難くない過去の思い出です。

 そんな木更津は1992年に東京湾アクアラインが開通しグッと身近な存在になります。が、開通当初は料金が高く、往時金回りが良くなかった私は、自分が両親に連れて行ってもらったように女房と息子を潮干狩りに連れて行くことができませんでした。そのことが苦い思い出となり、私を木更津から遠のかせた理由かもしれません。

 アクアライン開通で神奈川・川崎からのフェリーの運行も無くなり、木更津の飲み屋街は潮が引いたように人影が激減したそうです。その後、ドラマ「木更津キャッツアイ」で一躍注目を浴び、視聴者の聖地巡礼の地となりますが、ブームは一瞬もの。2012年にはアクアラインを越えた先に巨大アウトレットモールが出現して人の流れが大きく変わりますが、アウトレットモールを訪れるような人間は飲み屋街など足も向けませんから、街は次第に寂れていきます。

 しかし、そんな状況の木更津の飲み屋街にはお宝があったのです。今回は楽しみ方をレクチャーします。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう