記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】政治家として“一線越えた”今井議員 自民関係者「子育てそっちのけで色恋に…と批判されても仕方ない」 (1/2ページ)

 PKO日報問題で稲田朋美防衛大臣、防衛省事務次官、陸上幕僚長が辞任という前代未聞の事態。その空白を狙いすましたかのように、北朝鮮がICBMを発射。排他的経済水域である北海道・奥尻島沖150キロ地点に落下したというが、国防を脅かす緊迫した状況だ。

 「一線を越えていない」

 こう主張するのは、実は、金正恩朝鮮労働党委員長ではない。週刊新潮に不倫疑惑を報じられたSPEEDの今井絵理子参院議員(33)だ。元人気アイドルは、いまや国民の安全を守るべく選ばれた、れっきとした国会議員なのである。

 「2004年に前夫との間にもうけた長男が聴覚障害を背負い、07年に離婚したあと女手一つで育ててきた。それが売りで、昨夏の参院選で32万票を獲得し、自民党の比例選出で見事初当選しました」(自民党関係者)

 しかしいま、彼女が直面する喫緊の課題は、疑惑を払拭し、「頑張るシングルマザー」のイメージを守ること。だが分は悪い。

 7月14日から3日間、今井議員は、小学生の男児と幼稚園の女児を持つ妻帯者と、自宅マンション、ホテルに同宿。その男性は神戸市議会議員(自民党・3期目)の橋本健氏(37)で、大阪大学歯学部卒、開業歯科医のエリートだ。週刊新潮のグラビアでは、移動中のグリーン車内で2人が爆睡しつつ仲良く手をつなぐ“熱愛写真”を掲載。また、ホテル内で濡れた髪のままパジャマ姿でうろつく彼女のスナップを撮っている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう