記事詳細

「ゾンビ映画の父」ロメロ監督追悼 人種差別問われた時代に黒人主役…「もっとも優秀な俳優だったので」 (1/2ページ)

 死者がよみがえって、人間を襲う「ゾンビ映画」というジャンルを確立したジョージ・ロメロ監督が16日、肺がんのため、カナダ・トロントの病院で死去した。77歳だった。

 米芸能誌バラエティーによると、家族に見守られながら、好きな映画の一つである「静かなる男」(1952年)のサントラを聞きながら、逝った。

 ゾンビといえば、米国の子供なら誰でも知っている恐怖の“バケモノ”だが、ロメロ氏はその原型を考案したので、「ゾンビ映画の父」とも呼ばれる。

 最初に注目されたのは「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」(68年)。ロメロ氏は、同作で「ゾンビ」という表現は使わなかったが、「死体が生き返り、人を食べるという描写を映画でしたのは、これが初めてだった」(英BBCニュース)という。同作に「ゾンビ」(79年)と「死霊のえじき」(85年)を加えて、「ゾンビ映画3部作」といわれる。

 第1作目の「ナイト・オブ・ザ--」が注目されたのは、ホラー映画としてだけではなかった。主人公を演じたのは黒人俳優、デュアン・ジョーンズ(故人)。人種差別が問題となっていた時代。主役に黒人を起用したのはかなり大胆な発想だった。

 ゾンビに囲まれた民家の中で、ジョーンズ演じる「ベン」は冷静に対応する。窓やドアからのゾンビの侵入を防ごうと奔走するのだった。一緒に民家にいた白人男性「ハリー」はベンに仕切られることにいらだちを覚え、反発する。人種間の軋轢を感じる観客は少なくなかっただろう。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース