記事詳細

「小池知事の腹心vs猪木」場外乱闘の行方 “公金横領疑惑”背後に小池憎しの自民党勢力との憶測も (1/2ページ)

 「元気ですか? 元気があれば何でもできる。元気があればカネをくすねちゃいけない!」

 18日、永田町の参院議員会館でこう切り出したアントニオ猪木参院議員(無所属)。この人が登場すると、やはりメディアも注目する。私も取材したが、目の前の同氏は怒り心頭。

 「週刊新潮」が報じた、小池都知事の特別秘書で「都民ファーストの会」の野田数(かずさ)代表の“金銭疑惑”を受けての会見で、都議選(7月2日投開票)直前の爆弾発言となった。

 現在、都知事の懐刀として新党躍進の鍵を握る野田氏だが、2013年7月から約1年間、猪木氏の政策担当秘書を務め、会計責任者でもあったという。

 猪木氏によれば、野田氏は国会議員に月額100万円支給される文書通信交通滞在費から総額820万円、当時猪木氏が所属していた日本維新の会を通じて得た政党助成金から300万円をそれぞれ着服したと指摘。

 事務所名義の口座から不審な引き落としがあったことなどから判明し、2014年7月、金銭管理を担当していた女性秘書M氏とともに野田氏を解雇したという。

 「トータル的には4000万円近い話」と猪木氏は説明。そのうち証明できる金額を1120万円とし、2014年末に業務上横領容疑で警視庁に告訴状を提出。しかし今日まで捜査は動いていないという。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう