「利益」を求めるなら「守り」がすべて 大概のゲームは攻撃の方が楽しいのは事実だが…

2017.04.20

 ■今週の格言「トラブルから抜け出すよりも、それを避ける方が簡単だ」

 「プロジェクトX」という番組が昔あった。中島みゆきの歌の効果もあって、「困難を克服して成功を勝ち取る人々の姿」はとても感動的だった。

 しかし、「困難を克服する」よりも、「最初から困難が存在しない」方が、はるかに効率的なのは言うまでもない。困難を克服するためには少なからぬ労力や時間とコストがかかるのに対して、困難が存在しなければ、それを解決するための労力も時間もコストもゼロだからだ。

 だから、バフェットは「どうやって成功するのか」を考えるよりも「どうやったら失敗しないか」について考えることを重要視する。つまり「専守防衛」だ。野球でも、サッカーでも大概のゲームは守備よりも攻撃の方が楽しいのは事実である。しかし、娯楽として投資を楽しむのでなく(娯楽であっても『勝つ』ほうが楽しいと思うが…)、「利益」という結果を求めるのであれば、「守り」こそすべてある。

 例えば、A社がトラブルに見舞われて経営危機に陥ったときに、B氏という辣腕(らつわん)経営者が大活躍して立て直したとする。世間の称賛を浴びるであろう。しかし、冷静に結果を考えれば、元の軌道に戻っただけにすぎない。特に事前にトラブルを避けられなかったことは、厳しく評価しなければならない。

 それに対して、C社はD社長の元で、トラブルに見舞われることもなく順調に業容を拡大し、A社と比較して同じ期間の売り上げや利益の伸びは5割以上、上回った。しかし、このような企業にマスコミや世間は高い評価を与えない(株価が実力よりも安い)ことがしばしばある。目立たないからだ。

 バフェットは「当たり前のことを当たり前にやってトラブルに見舞われない」という「お買い得企業」を見つけるために日夜勉強に励んでいる。

 彼は「株式市場が1年間閉鎖になっても平気でいられる企業にしか投資しない」というが、少なくとも1年間は株を売却しなければならないようなトラブルは起こらないと確信しているということである。 (国際投資アナリスト・大原浩) =敬称略

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。