LIXIL子会社が東証復帰へ…再上場ラッシュ到来?

2017.03.17

 LIXILグループでホームセンター「ビバホーム」を経営するLIXILビバが4月12日、東証に上場する。知名度も経営の安定性も申し分ない優良企業だが、唯一の難点は再上場の親子上場であること。

 LIXILビバの前身は親会社による吸収で2001年に上場廃止となったトステムビバ。企業の都合で市場を去ったり、舞い戻ったりすることに批判の声が根強いだけに、公募・売り出しの応募状況が注目されそうだ。

 また、LIXILビバは上場後もLIXILの子会社にとどまる。上場子会社は少数株主より親会社の顔色をうかがう利益相反の恐れがあるとして、米国など海外では否定的な見解が多いという。

 ただ、投資となると話は別。こうしたマイナス情報のせいで公募・売り出し価格が低く抑えられるほど、その後の株価上昇余地は大きくなる。証券業界は新規公開できる有力企業の不足に悩んでいる。LIXILビバの再上場がそこそこ順調なら、いったん親子上場を解消した企業の再デビューブームが来るかもしれない。

【2017年3月10日発行紙面から】

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。