ウイルスソフトの自治体導入発表で「アズジェント」暴騰

2017.03.16

 暖かい日が増え始め、インフルエンザの患者数が減少に転じている。日本のインフルエンザの予防接種率は50%前後とされるが、今冬は猛威が盛んに報道されていたため、例年より接種率が高かったのではないか。

 企業や自治体でもウイルス対策の予防接種が急務だ。7日、イスラエル社製のウイルス対策ソフトを販売するアズジェント(4288)は、同ソフトが41都道府県内の自治体で導入されたと発表。株価は一気にストップ高した。ただ、ネット上では「スピードが速すぎて買えない」という声が多く、相場に乗れていないトレーダーが多いようだ。

 ネット騒然銘柄の常連スマホゲーム関連では、オルトプラス(3672)が連続ストップ高。KADOKAWAと共同開発中のゲームのカウントダウンサイトを立ち上げたことが好感された。ただ、同じゲーム関連のモブキャスト(3664)が急落に転じており、ネット上では同時買いしているトレーダーの喜ぶに喜べない声が多く聞かれた。 (新井奈央)

 【2017年3月9日発行紙面から】

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。