東芝経営幹部“自虐”暴露「全部他力本願。主体的に決定できない」 再建に日米政府の影チラリ (3/3ページ)

2017.03.19

会談する世耕経産相(右手前から3人目)とロス米商務長官(左端)=16日、ワシントン(共同)
会談する世耕経産相(右手前から3人目)とロス米商務長官(左端)=16日、ワシントン(共同)【拡大】

 日本政策投資銀行と産業革新機構、米国の投資ファンドによる買収構想が急浮上してきた背景には、競争力の高い事業を国内にとどめたいとの経済産業省などの思惑に加え、米政府の意向への配慮もあるとみられる。

 東芝と米半導体大手ウエスタンデジタル(WD)は、半導体の共同生産で提携しており、東芝の半導体事業が競合他社に奪われることはWDにとって死活問題。「米政府から日米企業の連合に売るのが望ましいとの声が出ていた」(東芝幹部)という。

 また、米政府はWHの原発建設計画に債務保証を行っており、破産処理をすれば損失をかぶる。

 外交問題に発展する恐れもあるため、半導体事業で米側の意向を飲み込み、矛先をかわしたいとの狙いもありそうだ。

 東芝は半導体事業をできるだけ高値で売って抜本的に財務を改善する考えだが、政府の関与で売り先の選択肢が狭まれば、入札額が低調となり本来の目的が果たせなくなる恐れがある。(万福博之)

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。