【新車毒味】6代目のスズキ「ワゴンR」 原点回帰の夢、果たしてなるか? (1/2ページ)

★スズキ・ワゴンR

2017.03.17

スズキ・ワゴンR
スズキ・ワゴンR【拡大】

  • <p>スズキ・ワゴンR</p>

 バブル崩壊後の1993年にデビューし、イッキに業界地図を塗り替えた元祖軽トールワゴンのスズキ・ワゴンR。以降、ベストセラー軽の名を欲しいままにしてきたが、2000年代に入り、より背の高いスーパーハイト系と言われるダイハツ・タントやホンダNBOXが出たら、今やそちらが主流。ワゴンRは2位グループに甘んじていたが、今回出た6代目で遂に原点回帰だ。

 全高1・6m台の背の高さはそのままに、初代さながらの真四角ヘッドライトやボクシーデザインを採用。改めてシンプルな使いやすさで勝負に出た。

 実際、見てみると、ライトがややデカ過ぎるが初代のシンプルさが蘇っている。リアもイマドキのハデ目な縦長テールライトなどは使わず、バンパーに埋め込まれた控えめデザイン。唯一、センターピラーがミニバンのアルファードにも似たドルフィンスタイルになったのが6代目の特長かもしれない。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。