ネット通販のプロが時代に逆張り カセットテープ専門店が大盛況 (1/2ページ)

2017.03.17

商品は角田さんが好きで集めたロックやジャズなどの洋楽が中心
商品は角田さんが好きで集めたロックやジャズなどの洋楽が中心【拡大】

 前にこの欄で古いラジカセを修理して販売する人を紹介した。ネット通販大手のアマゾンに勤めていた角田太郎さん(47)はいま、カセットテープを販売するリアル店舗の経営に取り組んでいる。

 東京・中目黒にある「ワルツ」に行ってビックリした。膨大な量の音楽テープが棚にぎっしり並ぶ。角田さんが笑顔で語る。

 「中古のカセット屋じゃなく、カセットカルチャーを紹介している新しいお店です。新譜も旧譜もあります」

 大学卒業後、WAVE渋谷店、六本木店でバイヤーに。その後、レンタル事業の会社に転職し「スーツを着て仕事をする」会社員を経験。ここの経営が傾いたため新聞に掲載された求人広告を見てアマゾンに応募し、2001年6月に入社。CDやDVDなどのバイヤーからスタートして消費財事業部長や新規開発事業部長を歴任。2年前に退職した。

 生まれも育ちも中目黒。若い頃から音楽を聴いたりカセットテープを集めるのが好きだった。「この町には音楽的な情報を発信するお店がなかったので、何かそういうお店を作りたい」と思っていた。そこで改めて周りを見渡したら、これまで買い集めたカセットテープが家にごっそりあった。「これを利用しない手はない」

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。