長時間労働の疑いでパナソニックを書類送検 死亡で労災認定も

2017.03.16

 富山県砺波市のパナソニックの工場に勤務していた従業員3人に違法な長時間労働をさせたとして、砺波労働基準監督署は15日、労働基準法違反の疑いで、法人としてのパナソニック(大阪府門真市)と、労務管理担当の40代と30代の男性幹部2人を書類送検した。

 パナソニックによると3人はいずれもデバイスソリューション事業部の富山工場に勤務。関係者によると、うち1人は昨年6月に死亡した40代男性で、死亡したのは長時間労働が原因として砺波労基署から労災認定を受けていたという。

 書類送検容疑は2015年12月〜16年6月、同工場に勤める従業員3人に対し労使協定の上限を超える違法な長時間労働をさせていた疑い。最長で月138時間の残業があったという。

 パナソニック広報部は「このような事態を二度と繰り返さないよう全社を挙げ再発防止に取り組む」としている。

 富山工場は電子部品を製造しており、約250人が勤務している。

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。