【新車毒味】「ベントレー・ベンテイガ」世界から注文殺到! 上品さと過激さ共存する「動く城」

★ベントレー・ベンテイガ

2017.02.17

「ベントレー・ベンテイガ」
「ベントレー・ベンテイガ」【拡大】

  • <p>「ベントレー・ベンテイガ」</p>

 どこかのアニメ映画ではないが、まさに「動く城」と形容したくなる話題の新車に乗ることができた。昨年デビューするなり、業界に衝撃を与えたベントレー初の本格SUV、ベンテイガだ。

 2年前にはモーターショーで公開済みなので、ある程度のインパクトは想像していたが、実際に街中で見ると本当にシビれる。

 まず圧倒されるのは存在感で、サイズは全長5m15cm、全幅2m弱、全高1m75cm強で車重2530kg。加えて、試乗車のゴールドメタリックのボディーカラーと英国ブランドならではのおっとりとしたデザインがまさしく動く城だ。クラシカルな丸目ヘッドライトに豊かな膨らみを持つフェンダー、クッキリVラインが浮かぶボンネット、さらにドッシリとしたオシリ。いまどきの空力優先の最新SUVとはちと違う。

 さらに圧巻の走りだ。エンジンはなんと新設計の6リッターW型12気筒ツインターボエンジンで最高出力608馬力! それを最新8速ATとフルタイム4WDシステムで駆動するわけだが、発進から乗り心地は超なめらかで、それが高速まで延々と続く。

 そして驚いたことがアクセルの味付けが想像以上にワイルド。ちょっと踏んだだけで、グワっと加速してしまい、意外なほどのオラオラ感。しかも出力600馬力オーバーなだけに圧倒の加速感が延々と続く。このクルマの実力は、日本の高速道路上ですべて試すことはできないだろう。

 一方、インテリアの高級感もハンパなくて、しっとりとしたウッドパネルと本革素材、上質なメッキパーツに囲まれて、まるで欧州のクラシックホテルの一室のよう。

 クオリティーと加速性能はまさしく圧巻。しかも上品さと過激さがほどよく共存している。

 すでに世界から注文が殺到しているらしいが、今の高級SUVの頂点、ポルシェ・カイエンからの買い換えは多いと聞く。価格は2695万円。だが、常にインパクトと新しさを求める世界のリッチマンにとってはなんの障害にもならないはずだ。 (自動車ジャーナリスト・小沢コージ)

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。