経済・マネーの連載

経済快説
経済快説

就職氷河期世代への支援策 「2つの問題点」とは

 政府は経済財政諮問会議で「就職氷河期世代」の支援策を検討した。内閣府は1993年から2004年くらいまでに卒業期を迎えた世代を「就職氷河期世代」だと考えている。現在、30代後半から40代の後半くらいの年齢の人たちが対象だ。この世代が就職に臨む頃、日本経済はバブル崩壊の影響下にあり、経済政策がまずか…【記事を読む】