経済・マネーの連載

株式フジ
株式フジ

米中貿易交渉展開にらみの市場 「住金鉱山」「古河電工」反発継続

 6月18日の欧米時間に重要発言が相次ぎました。ドラギECB(欧州中央銀行)総裁は「さらなる利下げはECBの政策手段の一部」、「量的金融緩和は、まだかなりの実施余地がある」と金融緩和実施を示唆する発言をし、トランプ米大統領も「中国の習近平国家主席と電話で会談した」、「28~29日に大阪で開催されるG…【記事を読む】