記事詳細

【今日から始める10万円株】コロナにかかわらず東京五輪開催!? 関連銘柄に見直し買い (1/2ページ)

 「東京五輪は新型コロナにかかわらず来年開催されるだろう」

 このコメントは、IOC(国際オリンピック委員会)のジョン・コーツ副会長によるもので、7日、AFP通信が伝えたものだ。報道を受けて、7日の東京株式市場では電通グループの株価が急伸、ほかの五輪関連銘柄にも物色の矛先が向かった。

 新型コロナウイルスの収束が見通せない中で、来年の東京五輪には否定的な意見も多く、また、これまでリーダーシップを発揮してきた安倍晋三首相の辞任によって、開催を危ぶむ声が日増しに強くなっていた。

 もちろん、冒頭のコメントをうのみにし、来年の開催を決定づけるのは時期尚早だが、関連銘柄を改めてウオッチリストに入れておくタイミングではないだろうか。今週の10万円株は東京五輪関連銘柄に注目した。

 東証1部の「サニーサイドアップグループ」(2180)は、スポーツイベントに強みを持つPR会社。新型コロナの感染拡大により、イベントなどが中止・延期となり、収益にダメージを受けてきたが、予定通り東京五輪が開催されるとなれば、業績V字回復の可能性も。これまで売られてきた株価も水準訂正に向かうはずだ。7日の引値は712円。コロナ・ショック前の株価は1200円台を付けていただけに、ここからの上昇余力は十分だ。

関連ニュース