記事詳細

【サラリーマンサバイバル術】新型コロナへの特別手当が正社員にしか支給されない→「同一労働同一賃金」違反の可能性 (2/2ページ)

 まずは、同じ職場の仲間とともに、慰労金の支給目的と待遇差について、会社に説明を求めましょう。会社は労働者から説明を求められた場合、正社員との待遇差の内容とその理由について説明することが法律で義務化されました。また、労働者が説明を会社に求めたことに対し、不利益な取り扱いを行うことも禁止されています。

 会社の説明が十分でない場合には、労働組合を結成し、団体交渉や労使協議を行うことで、待遇の改善を求めていくこともできます。「連合なんでも労働相談ダイヤル」(フリーダイヤル0120・154・052)では、労働問題のほか、労働組合づくりの相談などにも対応しています。職場での悩みや疑問、お困りのことがありましたら、お気軽にお電話ください。 (連合企画局 関根新太郎)

 サラリーマンの相談に日本労働組合総連合会の専門スタッフがお答えします。はがきに質問、職業、年齢を明記し、〒100-8160 夕刊フジ報道部「サバイバル術」係まで。匿名でも受け付けます。

関連ニュース