記事詳細

【ネット騒然銘柄】決算受けて「ファナック」が大幅高 ツイッター数のランキング上位浮上

 27日からはネットトレーダーたちも連休モードに突入か。ごく一部のコロナ関連銘柄を除くと、コメント数がぐっと減っている。

 コメント数自体が少ないせいか、普段はあまり顔を出さないファナック(6954)がツイッター数のランキング上位に浮上した。従来予想を上回る決算内容と日銀の追加金融緩和策を受けて、日経平均株価への寄与度が高い同銘柄に注目が集まったようだ。ツイッター上では「ここが12%高とかありえない」など驚きの声が上がっている。決算発表の場で同社の社長が「中国市場はほぼ回復」と発言したことを取り上げるトレーダーも多く見受けられた。経済指標の悪化が本格化するのはこれからだが、彼らはすでにその先を見すえているようだ。

 飛沫防止用のビニールカーテンを手掛けるウェーブロックホールディングス(7940)も株系大手掲示板でコメントを集めた。確かに、最近はビニールカーテンに守られるコンビニやスーパーのレジをよく目にする。社会の変化に敏感でないと、トレーダーとして勝ち続けるのは難しい。(新井奈央)

 【2020年4月30日発行紙面から】

関連ニュース