記事詳細

「テレワークの新しいマナー」なんていらない! (4/5ページ)

 「見られてもいいように部屋をきれいに」というのも同じだ。

 確かに、ごちゃごちゃした部屋はよくないだろう。だが、それも主に「見せる側がプライベートな部分をどう考えるか」の話だ。

 筆者は部屋が荒れがちなので、バーチャル壁紙を積極的に使っている。壁紙の切り替え機能を備えているZoom以外の場合は、「Snap Camera」などを併用している。Snap Cameraの場合、バーチャル壁紙だけでなく、自分を別のキャラクターに置き換えたりもできる。無料配布されている「Lens Studio」というアプリを使うと、バーチャル壁紙やキャラの自作も可能だ。

 とはいえ、これだって「自分がそうしたい」からやっていることだ。プライベートな部分を見せざるを得ないのでそうしているに過ぎない。そこを「マナーだからこうしろ」「仕事だからこうしろ」と言われる筋合いは、本来存在しない。手当でも出ているなら話は別だが。

 家で仕事をしていれば、家族の声やペットの乱入があったりもするだろう。それは、もちろん避けたい、と思うものだ。でも、避けられないこともある。ビデオ会議中に宅配便が来ることだってあるはずだ。「マナーだからそれも避けろ」というのだろうか?

 そういうことは「スルーする」だけでいい。失礼だと怒る理由もないし、みんなお互い様。それでいいではないか。

 だいたい、先ほども述べたように、どうせ顔なんてそんなにじっくり見ていないのだ。最初にあいさつしたら、ビデオの方はミュートにしてしまってもいい。相手もこちらも気を使わないで済む。「顔を出していないと失礼」なんていう、旧来の考えは忘れよう。書類がちゃんと見えている方がよほど重要だ。

ITmedia PCUSER

関連ニュース