記事詳細

止まらぬファーウェイ離れ… アマゾン直販停止、中古スマホ店も買い取り中止へ 「P30」発売もブースの客はまばら (1/2ページ)

 米政府による中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への禁輸措置を受けて、中古スマートフォン販売を手がけるゲオホールディングスは25日からファーウェイ製品の買い取りを中止した。24日には携帯会社を選べる「SIMフリー」版のスマホが一部の家電量販店などで発売されたが、アマゾンジャパンも直販を停止するなど、「ファーウェイ離れ」は止まらない。

 ゲオホールディングス広報部によると、25日から国内の全店舗でスマホやタブレット端末などファーウェイの全ての商品を買い取り中止にした。同社は「一連の報道を受けてしばらく様子を見てみる」とコメントした。すでに買い取った商品の販売は行うという。

 24日、ゲオモバイルアキバ店に足を運ぶと、ファーウェイ製の陳列棚を眺める40代男性がいた。購入を検討しているのか尋ねると、「ないですね。データが盗まれたり、事件があるかもしれないと考えたら…。タブレット端末はファーウェイでしたけど、もう他社製品に買い替えました」と話す。

 米グーグルがソフトの提供を停止したことで、ファーウェイの新製品では基本ソフト(OS)の最新版が使えない懸念もある。

 ファーウェイ製のスマホを使っているという40代女性は「これまで使ってきたOSが変わるとさすがに不便なので、次は別のメーカーに替えるでしょうね。セキュリティーの問題は他の中国製も同じだと思いますが、サービスが大きく変わると困ります」と話していた。

関連ニュース