記事詳細

【夕刊フジ×キイストン 飲食FCで第二の人生】自分の店を持ちたい人こそフランチャイズ加盟! 開業時やその後の運営面で非加盟店より優位 (1/2ページ)

 飲食業は人気が高く、「将来、自分の店を持ちたい」と考える人が多いという。その一方で、「飲食業で働いた経験はないし、接客をしたこともない」「本当に料理の腕前が生かせるのか」「そもそも飲食業の経営に携わったことがない」といった不安を抱えている人も少なくない。

 また、「どんな」店を「どこ」に構えるか。「店の名前は?」「広さや内装、厨房の設計は?」「仕入れは?」「従業員の確保や教育は?」「宣伝は?」など、未知の課題もたくさんある。こうした課題を乗り越えて開業する早道はフランチャイズ(以下、FC)に加盟することだ。

 飲食業界に造詣の深いフードフォーラム代表の千葉哲幸氏は「経験のない人が飲食業を開業する場合、ファミリーレストランかファストフードの業態で、すでにあるFCに加盟するのが無難で安全」と語る。

 「FCの誕生以前、自分の店を持つには、若い頃から働いて何年か後に独立するか、修業した店からの『のれん分け』という方法しかありませんでした。そこにFC方式が登場したことで、未経験者でも店を持つ道が開けるようになったのです」

 FCは、フランチャイザーと呼ばれる「本部」と、独立・開業を志す個人(もしくは法人)が契約を結んで「加盟店(フランチャイジー)」となり、本部に加盟金やロイヤリティを支払うことで、商標の使用権や商品・サービスの販売権を得られるシステムのことである=図。代表的なのはコンビニエンスストアだが、ほかにもさまざまな業種がFC展開している。

関連ニュース