記事詳細

【新・兜町INSIDE】ツイッター凍結…正体不明の「岡三マン」さん、ご連絡ください!

 ツイッターでの発言が金融市場関係者の注目を集める「岡三マン」なる人物がいる。フォロワーは22万人を超えるが、1月23日にアカウントが凍結され、ネット上ではその「正体」をめぐって憶測が飛び交っている。

 岡三マンの投稿は株式や為替市場で取引材料とされる経済統計や要人発言の速報が目立つ。経済通信社の金融機関向け有料情報端末の速報を素早く転載したものが多く、独自の情報源を持っているわけではなさそうだ。ただ、多くの一般投資家にとってはニュースサイトよりも早い「速報」が貴重な情報源となっていたのは確かだ。

 過去には岡三マンの「黒田辞任」の書き込みを受けて黒田東彦(はるひこ)日銀総裁の退任説が流れ、為替相場が動いたこともある。実際には広島カープ名投手、黒田博樹選手の引退だった。誤解を確信したうえでの書き込みだったとみられるが、こうした悪ふざけが凍結の原因となったのかは不明だ。

 ちなみに岡三証券グループは1月30日の記者会見で「当社とは関係ありません」。岡三マンさん、ぜひ夕刊フジへご連絡を。

 【2019年02月01日発行紙面から】

関連ニュース