記事詳細

【トップ直撃】人間が太刀打ちできない膨大な「SNS情報」AIが解析→速報配信 Spectee(スペクティ)・村上建治郎CEO (1/3ページ)

★Spectee(スペクティ)・村上建治郎CEO(44)

 SNS上の膨大な情報を人工知能(AI)がリアルタイムで収集・解析し、事件や事故、災害などの緊急情報を速報する「Spectee(スペクティ)」のサービスで急成長中だ。「荒木ゆい」という名の「AIアナウンサー」も抱える同社。最先端のテクノロジーで報道機関や地方自治体、企業を支えているが、起業の原点は東日本大震災だったと明かす。(中田達也)

 --「SNS速報サービス」とは

 「ツイッター、インスタグラム、フェイスブック、ユーチューブの情報をAIで自動収集してニュース性を判断し、配信しています。顧客の約7割がメディアですが、残りが地方自治体や警察、消防、鉄道や航空会社など、危機管理に役立てるような情報解析も行っています」

 --航空会社も使っているのですね

 「空港でトラブルが起きたときには現場から連絡が来るよりも先にネットに上がることも多いですし、最近は機内でもネットがつながるのでいろいろな情報が出てきます。企業にとっても早め早めに知ることができるのは大事だと思います」

 --デマ情報をどう排除するのですか

 「過去にあったデマ情報のテキストや写真を解析して類似性が高いと判断したり、過去にデマを流したIDをブラックリストにしたりしています。AIは人の目より確度は高いですが100%とはいかないので、最終的には24時間態勢で人が判断しています」

関連ニュース