記事詳細

【トラトラ株】『みえる通訳』約2万台をイオンと契約、売上増必至「テリロジー」 (1/2ページ)

 米国株式市場が堅調だ。1月30日のNYダウは昨年12月4日以来の高値で終えた。FRBがFOMCで金融政策の正常化ペースを緩める姿勢を鮮明にしたことが好感された。ただし、これは円高要因だ。このため、当面の日経平均は米国株高に支えられる一方で、円高で上値を抑えられる見通しだ。

 ところで、30日、新興市場では「サンバイオショック」が発生した。29日、「慢性期脳梗塞向けの再生細胞医薬品の臨床試験が不調だった」と、サンバイオ(4592)が発表したことをきっかけに、30日の東証マザーズ指数は前日比で8・09%も急落したのだ。短期的には個人のマインドの悪化が危惧される。目先は慎重スタンスで相場に臨みたい。

 まず、テリロジー(3356)は、テリロジーサービスウェアが展開する多言語映像通訳サービス「みえる通訳」の大口契約が注目ポイント。イオン(8267)は、2月1日より、「みえる通訳」を全国の「イオン」「イオンスタイル」約550店舗(約2万台)に本格導入し、これを皮切りに、今後、グループ企業にも順次拡大していく。ちなみに、「みえる通訳」には、1カ月1・5万円の「ライトプラン」と同2・5万円の「スタンダードプラン」がある。イオンとの契約内容の詳細は不明だ。しかしながら、連結売上高38億円(2019年3月期予想)の同社にとっては、当初約2万台(その後、順次拡大)の契約は、将来にわたって大幅な売り上げアップに寄与するはずだ。

関連ニュース