記事詳細

【日本の元気 山根一眞】ジョブズなら「今のiPhoneは古い」と怒る (1/2ページ)

 昨年末から年初にかけて、アップルの株価が暴落、時価総額で約48兆円が失われたという。部品メーカーも大きな打撃。中国のiPhone組み立て企業は、10月以降、5万人を解雇したとも伝えられている。

 アップルの独創の原点は1984年発売のサイコロ型PC、128KMacだ(私は今も保有)。これは知的作業道具の大革命だった。だが、Macを生み出した天才、スティーブ・ジョブズは、自らが招聘した「砂糖水」屋(ジョブスの言葉、前・ペプシコ社長)によってアップル社から追放された。そして、天才的独創を失ったアップルは超低迷に陥る。

 ジョブズがそのアップルに復帰したのは97年だ。翌年、斬新なデザインのiMacを出し大ヒット。以降、「i」はジョブズ=アップル独創の象徴となり、iPod、iTuens、iPadで音楽産業に大イノベーションを起こす。2007年には、21世紀の大発明ともいえるiPhoneを発表。だが、ジョブズは11年に膵臓(すいぞう)がんで56歳で逝去してしまった。「これでアップルも終わり」と不安だったが、アップルはジョブズの遺産、iPhoneの大ヒットを続け、累積出荷台数10億台を突破。アップル株の時価総額は日本の国家予算を上回る1兆1000億ドルを記録したこともあった。

 だが、iPhoneの基本は07年からの12年間、不変のままだ。「独創的製品」は自社製品すら否定する斬新な発想で産み出されることは、ジョブズの人生を振り返れば明らか。12年も前のかたちが売れ続けていることの方が不思議なのだ。株価暴落の原因はそこにある。

関連ニュース