記事詳細

【zak女の雄叫び】《zak女の雄叫び お題は「春」》人の道 行く裏にあり 花の山 (1/2ページ)

 年明けに部内の配置換えがあり、私は10年ぶりにマーケットや証券会社の担当をすることになった。どうも当欄で昨年9月、「リーマン破綻のニュースと届いた辞令」というコラムを書いたことで、兜町に呼び戻されたような気がしてならない。

 久々に市場関係者の取材をしていて、最近は「相場格言」をあまり聞かなくなったなと実感している。証券マンも投資家も世代交代が進み、オンライン取引が増えたことなどが影響しているのかも知れない。

 《人の行く 裏に道あり 花の山》

 これは最も有名な格言のひとつで、日本証券業協会のホームページでは「投資家は群集心理で動きがちだが、それだと大きな成功は得られない。むしろ他人と反対のことをやった方がうまく行くことが多い」といった説明を紹介している。

 投資だけでなく、恋愛やビジネス、研究活動、スポーツ、芸術など、さまざまな分野に通用する見事な格言だと思う。

 また、似たような意味の格言として、

 《友なき方へ行くべし》

 《相場師は孤独を愛す》

などがある。もっと直接的な英語の表現にはなるが、米ウォール街にも同様の格言が存在するという。