記事詳細

【ネット騒然銘柄】日産ショック!「逆に買い時かも」の声も

 株主にとっても社員にとっても、また株式市場にとっても、“青天の霹靂(へきれき)”だっただろう。

 トップの逮捕劇に揺れる日産自動車(7201)。19日、会社再建のカリスマといわれていたカルロス・ゴーン会長が金融商品取引法違反の容疑で逮捕された。当然、ネット上はどの掲示板でもハチの巣をつついたような騒ぎに。「やっちゃったな、日産」といったあおり文句や、「告発したのは外国人社員らしい」「多少の罰金払って終わりだぞ」「いや実刑15年はいく」といった無責任談義が花を咲かせている。

 また、翌20日の株価がそこまで下がらなかったことに対して、「チャート上に下ひげが伸びたし逆に買い時かも?」という、反発を見極めようとする書き込みも少なくない。

 さらには、関連会社の三菱自動車(7211)の株価の下落率が大きいことに対して「ゴーンの呪いか」など、こちらは株価下落に異議を唱える書き込みが多数。いずれにしても、この事件で日本企業の不祥事も打ち止めとなってほしい。(新井奈央)

 【2018年11月22日発行紙面から】

関連ニュース