記事詳細

【ネット騒然銘柄】大物投資家の空売りで“異様”な雰囲気の「ユニバーサル」

 ネット掲示板のコメント数ランキングの上位銘柄を見ていると、通常はわかりやすい材料が浮上しているケースが多い。しかし、ぱっと見ただけでは何で騒がれているのかわからない銘柄も時々ある。

 パチスロ大手のユニバーサルエンターテインメント(6425)。ここ数日ネット上で騒がれているが、特筆すべき材料は見当たらない。どうやら、某大物個人投資家が同株に空売りを仕掛けており、その情報が拡散して話題になっているようだ。5日現在、株価は小康状態にあるが、「そろそろ〇〇(大物投資家)の命日か」「レベルの低い売り煽りが多いな」など、トレーダーたちの関心は高まるばかり。近いうちにドカンと来そうな雰囲気だ。

 本籍をケイマン諸島に置き、通信やヘルスケア事業を展開するビート・ホールディングス・リミテッド(9399)。仮想通貨のノアコインが同社買収から手を引いたことに新株予約券の発行まで加わり、5日の株価は前日比3割近い大暴落。あるトレーダーは「ビート株で遊んでた雑魚は全滅だな笑」とツイートしていた。(新井奈央)

 【2018年10月9日発行紙面から】

関連ニュース