記事詳細

【定年起業への挑戦 実践編】起業するための現実的な「2つの方法」 (1/2ページ)

 75歳を過ぎて敢然と起業に挑戦する人がいる。外食チェーンすかいらーくの創業者で元社長の横川竟(よこかわ・きわむ)さん(80)だ。

 横川さんの人生は起業への挑戦の連続だった。2008年にすかいらーくの代表取締役を退任した後の13年、75歳の時に高倉町(たかくらまち)珈琲第1号店を東京・八王子に出店。現在、フランチャイズ店を含めて全国に20店舗展開している。

 その横川さんに「定年起業」について聞くと、「みなさん、簡単に起業と言いますが、大変なことです。それは現実として知ってください」と前置きしたうえで次のように語ってくれた。

 「でも、どうしてぼくがこの年齢になっても会社をつくるのかというと、仕事をしている時こそ生きているって感じがするからなんです。仕事をするということは仲間を作るということじゃないですか。ぼくは仲間と一緒に目標に向かって進むのが好きなんですよ」

 多くのサラリーマンも同じ経験をしているような気がするが。

 「サラリーマンは人に使われることには慣れていますが、仲間と一緒に何か新しい価値を作るということには慣れていません。そういう人たちがいきなり起業しても難しい」

関連ニュース