記事詳細

【経済快説】貴乃花親方がサラリーマンに残した「3つの教訓」  (1/2ページ)

 貴乃花親方が日本相撲協会を退職した。もともと協会の人事的な主流派とは折り合いが悪かったが、弟子でモンゴル出身の貴ノ岩が元横綱日馬富士などモンゴル出身力士の暴行を受けたとされる事件をめぐる相撲協会との対立が深刻化し、退職に至ることとなった。元横綱とはいえ、今後の人生行路は大変なのではなかろうか。相撲に限らず、プロスポーツは転職が難しい職種だ。他人事ながら心配だ。

 貴乃花親方は、現役時代に大相撲史上でたぶん最高の人気力士だったし、現役時代のしこ名で部屋を持てるくらいの偉大な実績を上げた横綱だった。

 しかも、もともとの経緯を振り返ると、貴乃花親方は現役時代から一貫して「ガチンコ」(八百長や手加減がない相撲を指す)を旨として、力士同士のなれ合いを嫌う意見を持つ相撲道に忠実な正義の人であり、貴ノ岩の事件にあっても彼の親方なのだから被害者側の人だった。

 サラリーマンになぞらえると彼の立場は、自分が勤める会社の問題を内部告発する社員に近かったが、いちサラリーマンと異なり、彼には文句の付けようのない偉大な実績があったし、世間的な知名度もあった。確かに、時にエキセントリックな言動があったし、相撲協会の本流の人々と感情的にも対立したが、なぜ彼ほどの人がかくも厳しい状況に追い込まれることになったのだろうか。

関連ニュース