記事詳細

【オトナの社会科見学】必見!演劇でもサーカスでもない…超絶パフォーマンス「ギア」

 千葉ポートシアターで、演劇でもなければミュージカルやサーカスでもない、新たなエンターテインメント「ギア」が公演中だ。京都で2012年にスタートし、今も続く長期公演。昨年12月から「East Version」として関東に進出した。

 登場するのは世界大会優勝クラスのジャグラーやブレークダンサー、マジシャンなど超絶パフォーマーたち。セリフを全く用いず、幻想的な光と映像演出のもと、ロボットとおもちゃドールが少しずつ人間に近づいていくという、ポップでせつないストーリーを描き出す。

 素晴らしいのは鍛え抜かれたパフォーマーと女優の技が主役で、プロジェクションマッピングやCGを駆使した最新映像が、それを支える脇役と見える点。空中からコインを取り出すマジシャンと、盛り上がる力こぶを誇示するブレークダンサーの間で揺れ惑うドールのシーンはほほえましい。

 入り口で「初めてですか?」とスタッフに尋ねられた。いかにリピーターが多いか分かる。関東でもロングランになるかはこれからの集客にかかろう。10月中、60歳以上は電話申し込みによりチケット料金1000円。(矢吹博志)

 ■千葉ポートシアター(千葉県千葉市中央区問屋町1の35 千葉ポートスクエア内、(電)043・441・6067)公演の通常前売り券は一般4200円。日程など詳細は、公式ホームページ(https://portsquare.jp/)。

関連ニュース